ショートカットキーマグカップ

ショートカットキーマグカップ

最終更新日:2019-10-08

今日もショートカットで周りに差をつけるぜ!

忙しい毎日を送る現代のビジネスパーソンのみなさま、本日も時間短縮のためにショートカットをしていますか?いや、ショートカットと言っても、近道とか髪型のことではないですよ!キーボードのショートカットのことです。

ショートカットキーを使いこなせると、カッコいい

キーボードのショートカットキーを覚えると、マウスやタッチパッドでメニューをたどる必要がなくなって、作業の効率が一気に上がりますよね。さりげなくショートカットキーを使いこなしている人を見ると、惚れ惚れしちゃいます。

わたしもコピー&ペーストは、よく使うので指先操作に染み付いているのですが、それ以外のショートカットキーは頻繁には使わないので、なかなか覚えられないんですよね。使うアプリケーションによってもショートカットキーが違っていたりしますし…

覚えられないのなら、どうするか?

ショートカットキーを覚えられないのなら、見える範囲にショートカットキーを書いておけば良いのです。ディスプレイに付箋をベタベタと貼ってみるとか。

でも、これって見た目も悪いし、パスワードを付箋に書いてディスプレイに貼っている情報リテラシーの無い人みたいじゃないですか。なんだか格好が悪いよ…

付箋がダメなら、あれがあるじゃないか!

そんなあなたに朗報です。あなたのデスクにさりげなく、いつも置いてあるものは何ですか?そうです。マグカップです。コーヒー、紅茶、お茶、水…。オフィスの水分補給の必需品、それがマグカップ。

さて、ここで質問です。隣の人やよく訪問する席の人が持っているマグカップの図柄を覚えていますか?あまり覚えていないですよね。周りの人がほとんど覚えていないマグカップの図柄に、ショートカットキーのチートコードを紛れ込ませておくのです。遠くから見ると、おしゃれな英文字のデザインにしか見えません。英字新聞のデザインで記事内容をショートカットキーのチートコードにしておくのも、良さそうです。

文字が小さくて見えないですって?ちょっと字が小さくても、マグカップで飲み物を飲むふりをすれば、近くに寄せることもできますよ。

デスクのアイテムとしていかがでしょうか?

ショートカットキーの隠し方も、確認の仕方も、さりげなくできるアイテムが「ショートカットキーマグカップ」なのです。何だか、これならすぐに作れそうですね…

このアイデアの反響が良さそうなら、ちょっと作ってみます!このアイデアに興味がありましたら、ぜひフォローをお願いします。

空想アイデアカテゴリの最新記事