首筋、肩の痛みの予防に – 姿勢改善メガネ –

首筋、肩の痛みの予防に – 姿勢改善メガネ –

最終更新日:2019-10-09

首筋、肩の痛みの原因は、スマートフォンを使っている時の姿勢が悪いのかもしれません。

みなさんの首筋や肩に痛みや違和感はありませんか?私は40肩で肩が上がらなかった時もありましたが、いつの間にか治っていました。今はとても快適です。でも周りの人たちは、いつも首や肩のマッサージをしていませんか?その原因はスマートフォンを使っている時の姿勢にあるのかもしれません。

首の痛み

スマートフォン症候群

スマートフォンは一人一台以上のアイテムとなり、スマートフォンがなければ生活できない人もいますよね。そんなスマートフォンに依存している状態をスマートフォン症候群というようです。Wikipediaでは、以下のように記載されていました。

スマートフォン依存症(スマートフォンいぞんしょう)とは現代社会で患っている者が多くなっている依存症。スマホ依存症(スマホいぞんしょう)と略される。

Wikipedia

スマートフォンを利用していると自然と首が前かがみになって、だんだんと首や肩が痛くなってきますよね。寝ながら使っていても、腕が不自然に持ち上がっているので、首や肩に負担がかかっていそうです。

スマートフォンを見る人

姿勢を矯正したい

頭ではスマートフォンを使っている時の前傾姿勢はよくなさそうだ、とわかっています。でも、スマートフォンの画面に集中していると、いつも間にか首が垂れているんですよね…。
自然と変な姿勢になってしまうのであれば、強制的に矯正するしかないですかね?首を痛めた人がつけているカラーのようなものをつけるしかないでしょうか。でも、首が覆われていると蒸れそうですよね。
犬の手術の後などに使われてるエリザベスカラーでも矯正できそうです。でも持ち運びの邪魔になりますし、付けていると目立ちすぎますよね。何かさりげなく身に付けることができて、姿勢を矯正できるものはないのでしょうか。

エリザベスカラー

そうだ、メガネがあるじゃないか

最近のメガネの技術革新はすごいですよね。スマートグラスとしてARはVRを体験できるウェアラブルコンピュータとして進化しつつあります。この高機能化しつつあるメガネを利用するのです。メガネであれば、付けていでも違和感がないですしね。

メガネ

どのようにスマートグラスで姿勢を矯正するのか?スマートグラスのジャイロ機能や視線トラッキングで姿勢を検知して、不自然な姿勢であれば警告表示やアラーム音をだすアプリがあれば良さそうです。

スマートグラスに画面を全て表示すれば、前傾姿勢にならないかも……。いぇいぇ、きっとスマートグラスを使っていても、椅子に座っていると自然と体制が崩れて首や腰に負担がかかってくるんです。きっと。だから姿勢を検知&矯正をしてくれるアプリケーションが必要なんですよ。
メガネでなくても、マスクや帽子でも良さそうですね。

本日の空想アイデアは、「首筋、肩の痛みの予防に – 姿勢改善メガネ -」でした。この空想アイデアに興味がありましたらTwitter等でコメントをいただけると嬉しいです。

空想アイデアカテゴリの最新記事