LINEスタンプ登録チャレンジ

LINEスタンプ登録チャレンジ

最終更新日:2019-10-31

非デザイナーがLINEスタンプを登録することはできるのか?

みなさん、LINEは使っていますか?友達との連絡、会話以外にもビジネスで利用していることも多いですよね。緊急時の連絡とかにも便利ですしね。
そんな便利なLINEですが、LNEスタンプが特徴的です。スタンプを押すだけで日常的な返信がすぐにできて便利です。文字を入力するよりも圧倒的に速いですし、文字よりも絵の方が柔らかく伝えることができます。

自分好みのスタンプを作ってみたい

LINEスタンプのストアには色々なスタンプが販売されています。よく見かける人気クリエイターのスタンプから個人制作のスタンプまで、いっぱいあります。人気のあるスタンプは、やっぱり誰にでも使える絵柄と文言がわかりやすかったりするので、使いやすそうです。
でも誰にでも使いやすいようにできているので、自分が使いたい文言や絵ではなかったりするのですよね。
好きな文言を入れられるカスタムスタンプもありますが、やっぱり自分好みの絵柄でスタンプを作ってみたい…。

LINEスタンプを作ってみた

はい。というわけで今回の52 Weeks Challengeは、「LINEスタンプ登録チャレンジ」です。日常できに使う言葉を使ったスタンプだと特徴が出ないので、日常的に使う言葉ではないけれども、使う人は使うかも?という文言と図柄でスタンプを作成してみました。

風向きスタンプ

「今日は北東からの風が吹いていますね」
海や川、空のスポーツやアクティビティを楽しむ人たちにとって、風向きは重要です。風向き予報は結構な精度で的中したりしますが、スポーツやアクティビティを楽しむ場所によっては予報とは異なる風が吹いていたりします。こんな時は実際の現場にいる人たちの情報が正確なので、頼りになります。このような時にサクッと風向きを伝えられるのが、「風向きスタンプ」です。
会話で使う文言が全くスタンプに含まれていないのですが、果たしてスタンプの審査は通るのでしょうか?スタンプの図柄が風向きの矢印以外は同じなのも審査に影響をしないのでしょうか?

Wind
風向きスタンプ

ビジネス用語スタンプ

「今日は直帰します」
ビジネスの世界では、直帰(NR)やリスケなど、よく使われる用語がありますよね。そんなよく使う用語をスタンプにして、ギスギスした職場の雰囲気を少し柔らかくしてみましょう。
一般会話で使う文言ではありませんが、LINEの審査を通ることはできるのでしょうか?

ビジネス用語
ビジネス用語スタンプ

LINEの審査結果は…

LINEスタンプの審査の結果がメールできました。

[LINE Creators Market]クリエイター登録が完了しました

登録した2つのスタンプが無事に登録されました。

LINEスタンプ
LINEスタンプ

日常的に使われない言葉でも、スタンプ登録をすることができました。LINEスタンプを登録するには最低でも8個のスタンプを作成する必要があります。スタンプを作るのに手間はかかりますが自分オリジナルのスタンプが使えるのは、嬉しいものです。
オリジナルなスタンプのアイデアがある方は、気軽にLINEスタンプの作成と登録にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

52 Weeks Challengeカテゴリの最新記事