雨の日のびしょ濡れを快適にしたい – 速く乾く傘の空想アイデア –

雨の日のびしょ濡れを快適にしたい – 速く乾く傘の空想アイデア –

最終更新日:2019-10-25

雨の日の電車通勤って、傘の置き場所に困りますよね。濡れた傘がズボンや靴にあたって、いつの間にかびしょ濡れになっています。

雨の日の通勤、通学って憂鬱になりませんか?雨はいいのですが、傘が邪魔なんです。電車で立っていても座っていても傘で片手が占領されるし…。傘が雨で濡れていると周りの人に水滴がかからないか、ドキドキします。

折り畳み傘が最強では?

私は傘で片手が占領されるのが嫌ですし、周りの人を濡らしたくないので、いつも折り畳み傘を使っています。電車に乗るときは畳んでビニール袋に入れてカバンにしまってます。でも、水滴が完全に取れていないので、気づいたらカバンの中が濡れていて、ノートがシワシワに…なんて失敗もありますよね。

濡れた折りたたみ傘をしまうケースとして、吸水性の優れた素材を使っているものも販売されています。でも、ケースの中は水滴で濡れるから、ケースを乾かす必要がありますよね。

傘のシェアリングサービスもあるよ

最近は、車や自転車などのシェアリングサービスがあって、便利ですよね。毎日は使わないけれども、必要な時だけ使いたいモノなどは、シェアリングサービスが向いています。そんなシェアリングサービスですが、傘のシェアリングサービスもあります。

例えば、日本初でNo.1の傘シェアリングサービスである、アイカサなどです。

会社や学校の近くにシェアリングスポットがあれば、便利に使えそうですね。一ヶ月の上限金額が決まってるので、1本家に常備しておいて、雨が通勤、通学時に雨が降っていたら最寄駅で返すという使い方もできるのかな?

近くにシェアリングスポットがないのですが…

シェアリングサービスは利用やメンテナンスに手間がかからないので、モノを所有する欲望さえなければ、非常に便利なサービスです。シェアリングスポットが自分の行動範囲内にあって、シェアするものの数が十分にあれば、いつでも使える安心感がありますよね。

でも、自分が行動する範囲にはシェアリングスポットがなくて、シェアリングサービスが使えないんです…。こんな私は、やっぱり折り畳み傘を持ち歩くしか方法はないのでしょうか?お天気アプリの雨雲レーダーの予測を見ながら、ビクビクとした毎日を過ごさなくてはいけないのでしょうか?

超撥水の傘かな〜。

濡らさない傘…濡らさない…。

超撥水の傘は傘の素材で水滴を弾くようですね。水滴を弾くのであれば、他の素材でも応用できそうですね。何か軽くて自由に形状を変えられて、撥水効果のある素材はないのでしょうか。

ドライヤー?

濡らしたくないのなら、濡れる前に乾かしてしまおう。本日の空想は、風を使って傘を速く乾かしてみるアイデアです。

乾かすといえばドライヤー。そうです、風です。水の蒸発は風が必要ですしね。

傘の先端にアタッチメントのように温風のです装置を取り付けます。スイッチオンで、あら不思議、ドライヤーで髪を乾かすかのように傘の生地があっという間にサラサラに。

傘の先端に取り付けるだけなので、今持ってる傘にそのまま使えると良さそうですね。こんな感じで傘の形状に沿って360°の温風で乾かします。傘を開いている状態で風があたるので、生地が重なっているところが乾いてなかった…なんてこともありません。

本日の空想アイデアはいかがだったでしょうか?このアイデアに興味がありましたら、ぜひフォローをお願いします。

空想アイデアカテゴリの最新記事